PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
 ねがはくは 
0

          

     

                    

     

     桜の季節は別れの季節でもある。僕の団体からも多くの若者が巣立っていった。僕の団体は、学生のボランティアからの継続して働いた若者がほとんどである。事業のほとんどは1年契約で、翌年の仕事は保障できない。したがって、ほとんどの若者は1年契約で働らいてもらうしかない。

     

     将来、幹部職員にとひそかに期待して働いてもらった若者が、家族から「もっと安定した仕事を」と強く言われて去っていったことも1人や2人ではない。若い人のこれからの働き方として、行政とはまた違って、行政と市民との間の大きな空間を埋め、多様なつながりをつくる地域づくりの主役は私たちのようなNPOなどの市民活動だと思っている。

     

     がっかりはするが、これも「仕方ない」。いつもそう自分を慰めている。最近、年をとると、多くの事象や人を見てきたせいか、自分自身のことを含め、「仕方ない」と考えることが多くなった。

     

     この言葉は意外と便利なのである。うまくいかないことがあっても、「仕方ない」でなんとか、過ごすことができる。うまくいけば、『やったあ!』と大喜びすればうれしさも数倍になる。

     

     僕がほかの方から、「明るく」見えるとすれば、ひょっとして、ただそんなことなのかもしれない。

     

     しかし、桜の季節である。春はうれしくもある。また、新しい出会いがある。去る若者もいれば、新しくやってくる若者もいる。今年も、教育系や社会学系の大学院生や大学院や学部を終えて、私たちの団体に入った若者が数名いる。よく話してみると、すごい力を持っている若者もいる。学生時代から大学内外で様々な活動をしていて、社会とのネットワークをを持っている。そのネットワークは僕たちにとっても実に貴重だ。こんな頼もしい若者もいる。

     元大手の新聞記者で、多くの原稿を世に出してきた女性も入ってきた。これから、色々な人たちがやってくる。そんな方々の力を借りて、何ができるだろうか、ものすごく大きな夢が広がってきた。

     

     やはり、ぼくは、春が好きだ。僕の大好きな西行も「願い」どおり、春を楽しみ、桜が咲く3月末に死んだ。

     

          ねがはくは 花のもとにて 春死なむ その如月望月のころ  西行法師

     

     

    posted by: あおちゃん | - | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 11:47 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://youthnet.jugem.jp/trackback/1022
      トラックバック