PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ショーン・Kさん
0
     
      今日は、すっかり定着した「まんま食堂」の日。今日のメニューは「イワシかば焼き」&「ほうれん草の卵和え」&「肉じゃが」&「味噌汁」そしてデザートは「オレンジ」。これで200円。20人ほどの若者たちとボランティア、スタッフ併せて30人ほどがいただいた。

     言わなくてもお分かりと思うが、おいしい。素晴らしいというしかない。イワシがおいしい。僕は仕事でいただいたのがラストになったが、いつもやってくるO君が、ご飯を温めて、トレイにいれて準備してくれた。この心遣いに感激だった。「ありがとうございました」。

     今日はまた、気になるニュースを一つ書きたい。ショーン・Kさんのことだ。

     ぼくは、テレ朝の報道ステーションの彼の歯切れのいいトークと解説を楽しみにしていた一人である。彼の話を聞いていた時には、かっこいい人がいるんだ、頭もいいし、視聴者を納得させる言葉を持っている。すてきな人が出てきた。そんな風に感じていた。

     その時に彼が、ハーバードのMBAとか、どこの大学を卒業しているなんて知らないし、興味もなかった。知りたいとも思わなかった。どうでもいいことだった。

     なぜ、今回のことが問題になるんだろう。問題にするこの社会の方がおかしい?じゃあないか。いろんな人がメディアに登場するが、その人の学歴なんて考えもしない、ぼくはおかしい?なぜ、そんなに気になるんだろうか。
     
     人間はなにかしら、自分を大きく見せたり、外見を気にする存在である。今日の洋服は似合っているか? 今日のお化粧はどうか? 他者からどう見えているか、だれでも気にならないはずがない。それは人間が「商品化」されている現代の特徴でもある。ある意味、現代の社会病理でもある。生きていくためには、そうせざるを得ないのである。

     学歴は自分を高く売るための道具なのだ。しかし、そんなものが必要もない人もいる。ショーンさんもその一人だった。少なくとも僕にとって。

     そんな社会であることは誰でも無視できないだろう。僕たちのすべてに、「ショーン」さんは存在するのである。当たり前の存在でもある。決して、彼だけではなく、すべての人間にとって避けられるものではない。

     本当に大切なことは、彼のトーク、言説が、この社会を撃つものであったかどうかということだ。ぼくはそれしか関心がない。彼の再登場を期待している。


     
      
    posted by: あおちゃん | - | 01:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 01:19 | - | - | - | - |
      青砥さん


      こんにちは!

      先月は沢山行けたのに、今月はまだお会いできていませんね。。
      実は、抗うつ剤の減量・断薬をしていて、少し調子を崩しています(>_<)
      離脱症状が出ていて、めまいや耳鳴り、頭痛、吐き気などでちょっとシンドイです。。

      おまけに、最初は味覚もまったく分からなくなったんですよ!!
      昨日までなんでもなかったのに、舌がまったく麻痺したように、味どころか、「食べていること」すらまったく分からなく(感じなく)なったのです。
      (なにかを食べても、「食べている」ことすら、なにも食べていないように感じないのです。)
      自分でも本当に最初は怖くて、どうしていいか分からなくて、なにか病気になってしまったのではないかと不安で不安でたまらなくなりました。
      少しずつ、回復してきて、それが薬の変化に対応しきれない脳の反応?だと分かったのですが・・・(多分。笑)

      今も、手足がしびれたり、あまり力が入らなかったり、あらゆる感覚に関係する神経に影響が出てきて、怖いです。。
      脳に作用する薬は、本当に怖いです(;_;)
      気持ちも、妙にソワソワしたり、落ち着きがなかったり、ちょっと不安定です。
      6年以上も飲んできたから、反動も大きいのかなあ・・・


      あと少しで、スタッフさんも入れ替わってしまいますよね。
      今回は、大幅に変わってしまうので、不安に思っていることをスタッフさんにお話したら、
      「多分、向こうもおんなじ気持ちだと思うから、気軽に話しかけてくれたら嬉しいと思うよ^^」とアドバイスしてくださり、ホッとしました(*^_^*)
      お別れが言えないかもしれないことが、悔しいですが・・・(;_;)


      先日の、ルームの入り口にあったお花のオブジェ?(水にお花を浮かべたやつ)、
      すごくキレイで、自分でも家でやってみました!
      祖母の写真の前も、とても明るくなり、またとにかく可愛くて、気持ちが華やかになりました♪
      素敵なセンスにありがとうと言いたいです!


      また、体の様子を見ながら伺いますね(*^。^*)
      ブログの更新も、楽しみにしています!
      | シャツ女子 | 2016/03/21 6:13 PM |









      この記事のトラックバックURL
      http://youthnet.jugem.jp/trackback/939
      トラックバック