PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
次は東京都知事選挙が・・・
0
    最近は忙しくてなかなかブログに向かうのがむずかしくなっていました。今日明日は、しばらくぶりの休暇になって落ち着いて本が読めたり、原稿に向かったり、うれしい2日間です。 先週は、2日間、長野県の北信で地域住民集会でお話をする機会があり、週末は、さいたま市の新都心で泊まり込みで、東日本の民生委員・児童委員の代表の方々の大きな会のコーディネーターをすることになりました。 若者の自立支援や子どもの貧困問題に関するお話をするのですが、先週は沖縄県の方々にお話をしましたので、随分広範囲の方たちに現代の私たちの社会が持つ課題をお話をする機会をいただきました。 こどもや若者たちの貧困など、多くの課題のお話をしていますが、少子化問題(2050年には 1人の高齢者を支える労働力人口は限りなく1人になる。1対1 働く人たちの姿が見えなくなる社会です。想像できますか?)は日本社会が全体として貧困化する、社会が停滞するのです。子どもがいない社会がどんなものか、想像してみましょう。「アベノミクス」などという目先の経済政策?金融?政策?問題では解決しません。 東京都知事選に出た人が『地方消滅』を書きましたが、地方にとどまらないのです。日本全体の衰退につながるのです。こどもの姿が見えない社会です。この本は地方でがんばっている方々を上から目線で見たような本でまったく支持できませんが、この人(増田という人ですが)東京都知事になろうなんて冗談でしょうという感じですが・・・。 国立社会問題人口研究所によると、2060年には1年に子どもが生まれる数は50万人以下になると推計されています。昨年は100万人でした。 しかし、若者たちの賃金が減り続ける(非正規ばかり増え、どんどん貧困化しています)中で結婚する勇気が持てるでしょうか。 ましてや、子どもを持つ「勇気」など持てますか。  ユースの畑です。草がどんどん生えます。草との戦いですが。 参議院選挙が終わり、自公など保守が勝ったということになっていますが、実質はなかなかそうでもない、と言うのが僕の感想。311で大きな被害を受け、まだ、全く回復していない(数十万の避難民が自宅に戻れないでいます)地方では、自公は負けました。  沖縄では現職の自民党大臣が惨敗しています。あまり注目されませんでしたが、鹿児島では反原発を争点にした新しい知事が当選しています。あの保守的な風土の中で自民党以外で当選するのは信じられないほど驚きました。  東京都知事選挙が面白いのは、都民には少なくとも「政権」選択することができるからです。前回の参議院選挙が最近の選挙の中でかなり「まし」だったのは、すこし政権選択ができたことです。  どんな理念や社会を目指しているのか、政権選択ができないと、民主制は機能しないです。  選べない社会はいくら選挙があっても、独裁に変わりないです。選挙は、政策、理念、手法の異なる政党やグループを選びますが、今回の選挙より前には、「アベノミクス」「〇〇〇」を認めるか否かと言う選挙は独裁政権を認めるかどうかと言う全く民主制度とは相いれないものです。  新聞社はじめメディアの人たちがどこまで理解しているのか、特にテレビを見ていると1,2の番組以外はかなり聞いていられないほどお粗末ですね。  
    posted by: あおちゃん | - | 13:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 13:47 | - | - | - | - |
      はじめまして。
      私は今年21歳の大学生なのですが、自身の人生や親について悩みを抱えています。
      最近は父との関係の悪化から、家に居る事が辛いです。
      また現在鬱病を抱えており、精神科にかかっているものの本質的な悩みは病院で解決出来ることでない故、県内の若者支援施設を探している内に青砥さんの著書でさいたまユースネットサポートの存在を知りました。

      HPを見た所、こちらの施設の利用者は高校中退者や引きこもり経験者、貧困家庭出身の方などが中心のようですが、経済的に困窮している方のみを対象としているのでしょうか?
      私の場合は一応両親が揃っており、経済的にも貧困には当たらないかと思います。
      さいたまユースネットサポートでは、自分のようなケースでも相談に乗っていただいたり、何らかのサポートを受けることは可能でしょうか。


      | チョウチンアンコウ | 2016/07/20 11:09 PM |
      大丈夫ですよ。連絡してください。ルームは048−783−3120
       月曜日から金曜日まで10時から17時までの間に連絡してください。
      | aoto | 2016/07/24 3:50 PM |









      この記事のトラックバックURL
      http://youthnet.jugem.jp/trackback/972
      トラックバック